headband

加齢臭とダイエットの関係とは40代頃になる

加齢臭とダイエットの関係とは

40代頃になると加齢臭が出る人も増えてきます。
同時にメタボと診断される、メタボに悩まされるという方も増えてくるものです。

内臓脂肪症候群のことをメタボリックシンドロームと言います。

世界では98年頃に定められていますが、日本では7年後に定められました。
メタボリックシンドロームの診断基準となっているのは
・高血圧
・高血糖
・高脂血症
のうちの1つ以上が当てはまればメタボだということになります。
メタボと診断される人の数は増えており、メタボから合併症を発症している方も少なくありません。

メタボリックシンドローム対策の一環としてダイエットを検討している方もいます。
けれども適切でないダイエット方法を行うと体臭が悪化する可能性がありますので、注意が必要です。
例えば運動をせずに食事制限だけという方法だと、代謝が悪くなってしまうので様々なことが起きます。
中性脂肪が燃焼されると脂肪酸という体臭の原因になるものができます。
強烈なアンモニア臭も出るようになりますので、ケトン臭という臭いも出てくるようになります。
食事制限というよりも食事のバランスの改善に注目することをオススメします。
極端で過度なダイエット方法もやめましょう。
過度なダイエットでストレスを感じてしまうと活性酸素の量が増えてしまいますので、加齢臭が強くなってしまいます。
食事内容のバランスを改善して適度な運動も取り入れることで、加齢臭の改善になりダイエットもスムーズになるでしょう。


入浴方法を見直してみましょう

お風呂はただ入ればいいというわけではありません。
正しい入浴方法でなければ体臭や加齢臭といったニオイの改善は中々進みませんよ。

生きているとどうしても体臭やニオイが発生します。
これはどうしても避けられない問題です。
暑い夏は汗をかきますし、冬だって思っている以上に汗をかいています。
季節だけでなくストレスや仕事などでも汗をかきますから、ニオイはゼロにはできないのです。
どうしても避けられないニオイや体臭の改善方法として、入浴はとても大きな働きをします。
入浴するだけで心も体もホッと一息つけて、リラックスできますね。
ストレス解消にもなりますので入浴タイムは大事にしたいものです。
さらに体についている汗や汚れを綺麗に落とせますので、加齢臭や体臭などのニオイの改善になるのです。

ニオイの原因にもなる体内の乳酸菌の増殖を、ゆっくりとした入浴タイムで抑制できるのです。
汗に含まれているアンモニアもキレイに洗い流せます。
できるだけ夜のうちに入浴した方が体もリラックスしやすいでしょう。


オススメの入浴方法をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

●漢方茶風呂
雲南茶という漢方茶がありますが、雲南茶にはフラボノイドが豊富に含まれていますので、脱臭効果を得ることができます。
さらに脂肪分解酵素も含まれているので、脂肪の量が気になるかたや皮脂の多めの方にもオススメです。

●笹風呂
古来から親しまれてきた入浴方法ですが、若い人はあまり知らないかもしれませんね。
熊笹という笹の葉をお風呂にいれることで、葉緑素や多糖類入りのお風呂にすることができます。
殺菌作用だけでなく防腐作用も含まれていますので、ノイ改善に効果を発揮します。

●マコモ風呂
あまり聞きなれない名前ですね。
マコモというのはイネ科の植物で、粉末にしたものをお風呂にいれればニオイ対策になります。
マコモが持つ微生物が雑菌や老廃物を分解してくれますので、ニオイ改善だけでなくスキンケア効果も期待できますよ。

●酵素風呂
酵素はかなり人気のある成分ですが、お風呂で利用するのもいい方法の1つです。
酵素の働きでニオイの元となる脂肪や汚れが分解されますので、ニオイ発生の予防になります。
血行がよくなって代謝も良くなり、健康促進にもなりますよ。
お肌の保湿力アップも期待できます。

お風呂はただただ洗えばいいというわけではありません。
湯船につかってゆっくりすることで様々なニオイの原因を解消できますので、リラックスしながら臭い対策をしていきましょう。




精神性発汗とは

手汗は多汗症の一つと考える方も多いようですが、手汗の原因について詳しく調査していくと、メンタル面も大きく関与しているケースもあるとのことです。
精神性発汗はその代表です。
精神性発汗とは、緊張や興奮が原因で発汗量が多くなることで、驚くような出来事があったり、緊張する場面に遭遇した時、不安感を感じた時に起こりがちです。
これらは、興奮や緊張が原因で体温が上昇することを、発汗を促すことで抑制するという自然現象です。手汗を発症したかただけにあらわれる症状ではありません。
しかし、手汗の症状がある方は、他の方よりも自律神経が過剰反応する傾向にあるため、このような精神性発汗を起こしやすくなっています。
その原因は、手汗に対して異常に緊張感や不安感を持っていることです。
手汗を発症している方は、常に手のひらに汗をかいています。
そのため、人とある場面、作業をする場面など、手汗が原因で不都合を生じないかどうか不安を感じます。これにより、精神性発汗が起こり、余計に手汗の症状が悪化するため、メンタル面での治療も大切なのです。
発汗量が多くなり、パニックに陥ると余計に汗の量が多くなりますので、精神性発汗が起こる原因をしっかり理解し、心身をリラックスさせるように努力することで、手汗の症状を軽くすることができるかもしれません。
詳しく調べたい方はこちら⇒女性向け加齢臭シャンプー 
pagetop

メニュー

Copyright(C) 2012 加齢臭とダイエットの関係とは4 All Rights Reserved.